プラセンタのおはなし

おすすめ!! キャンペーン情報

プラセンタの歴史

今話題の美容成分プラセンタ。実はその歴史は古く、紀元前にまでさかのぼります。その歴史をちょっとひもといてみましょう。

BC400頃
古代ギリシャの「医学の父」ヒポクラテスが、自然治癒力を高める薬として胎盤を用いた
BC210頃
中国4000年の歴史の中で、秦の始皇帝が不老長寿の薬として胎盤を用いた
907年
中国(唐)の医学薬学書「本草捨遺」に「人胞」「胞衣」という名で薬として紹介される
1596年
中国(明)の漢方薬辞典「本草網目」に「紫河車」という名で漢方薬として紹介されている
「紫河車」とは
産後の回復・滋養強壮・精神安定・不老不死の漢方薬
1700年
「紫河車」は、加賀(石川県)の三大秘薬「混元丹」として発売された
1933年
ロシアの眼科フィラトフ博士は「組織療法」として、「胎盤埋没法」を研究発表
国立京都大学の産婦人科教授「三杉隆吉博士」は、文部省学術研究班の要請で我が国初めて、胎盤製剤「ビタエックス」を開発し国民の健康増進に寄与
1956年
日本で、プラセンタ注射薬を開発。「メルスモン製薬会社」発展
「注射薬メルスモン」とは
更年期障害・乳分泌不全の注射薬として厚生省(現厚生労働省)から医薬品の許可を得る
1959年
稗田憲太郎博士が、プラセンタ注射薬「ラエンネック」を開発
「ラエンネック」とは
肝硬変・肝機能障害の注射薬として厚生労働省から認可を得る

プラセンタQ&A

プラセンタって何?
プラセンタは英語で胎盤のこと。胎児の発育に必用不可欠なものです。1個の受精卵をわずか10ヶ月程度で平均3kgにまで育て上げるための各種栄養素や生理活性物質を蓄えている組織です。
胎盤は単に養分を供給排泄するだけでなく、もっと多面的に総合的に成長を促進し、免疫防御システムを調節、活性化する作用を備えています。その胎盤からつくられたプラセンタエキスは各種栄養素や生理活性物質を蓄えており、本来生命がもっている総合的な力があると考えられます。
プラセンタ療法とは?
胎盤を処理し、注射薬(液体)、内服(錠剤、カプセル)、サプリメント(カプセル 、ドリンク)として体内に入れ、胎盤の持つ様々な効果を期待する治療法。人間又は動物の胎盤を原料に使う治療法で、内服 、注射 、外用があります。
  1. 内服(ブタ)
    ブタの胎盤を原料とした医薬品またはサプリメントを毎日内服します。注射では痛みを伴いほんのわずかですが皮膚を傷つけますので、健康増進、アンチエイジング(抗老化)、美容といった目的の方には一番適しています。又、病院に通う必要もありません。 錠剤・カプセル・ドリンクとありますが好みで選べばよいでしょう。腸の吸収が弱い方にはドリンクが適しています。医薬品はどの製品でも信頼がおけますが、サプリメントはピンからキリまでありますので検討が必要です。
    ビタエックス糖衣錠、ドルタック糖衣錠、プラセンタカプセルMD、ビタメ錠

  2. 注射(ヒト)
    以前はザウエルプラセンタ(北陸製薬、ドイツ製)やPLP(ゼリア新薬)という胃潰瘍に使う注射もありましたが現在はラエンネックとメルスモンのみです。

  3. 外用(ブタ)
    ゲル状にしたものを湿布または直接肌に使用
    捻挫・骨折・肩こり・腰痛・膝痛・アトピー・痔
プラセンタ注射とは?
わが国では、現在ラエンネックメルスモンの2種類のみ認可を得ています。
この2つの注射は歴史も古く、メルスモンは1956年、ラエンネックは1959年より使われておりますが、 1995年頃まで更年期障害または、肝臓機能改善のみに使われていました。要するに保険適用疾患に限定され使われていたわけです。
その後、プラセンタ注射を様々な疾患に適応したところ、驚くべき効果が期待を上回る程確認されました。
化粧品にプラセンタ配合と書かれていますが、どんな効果があるの?
保湿作用、美白効果、血行促進作用、新陳代賦活作用、抗炎症作用、細胞分裂促進作用、抗アレルギー作用等の効果があります。
プラセンタは昔から使われているの?
プラセンタの歴史は古く、それは紀元前4世紀にヒポクラテスが紹介したことに始まります。また中国では、約4千年前に「紫河車」という名で産後の回復や滋養強壮、末期症状の蘇生薬として使用されたと記録されています。
そして日本でも、加賀の三大秘薬の一つである「混元丹」に不老長寿の薬として使われていました。現代では医薬治療分野をはじめ、化粧品や健康食品など様々な日常生活に浸透しています。
プラセンタにはホルモンは入っていませんか?
血液・ホルモンはすべて完全に除去しますので、一切ホルモンは入っていません。
エイズや感染症の心配はない?
エイズやC型肝炎等の感染症にかかっている方の胎盤は使用しません。 また、万一もれてしまったとしても121℃で20分間加熱します。
注射はどのくらい打つのですか?
最初の1〜2ヶ月(初期療法)は週に1〜2回。維持療法は1週間ないし、2週間に1回位が効果的です。
プラセンタ注射の効果は?
肝臓病、アトピー性皮膚炎、皮層乾燥症、しみ、しもやけ、生理痛、生理不順、冷え症、レイノー現象、便秘、更年期障害、のぼせ、ホットフラッシュ、イライラ、高脂血症、腰痛症、肩凝り、全身の関節痛、筋肉痛、リウマチ、 膠原病、ベーチェット病、免疫強化作用(風邪がひきにくくなる)、抗疲労作用等が挙げられます。
注射を打ったら、その周りが温かくなるのは何故?
プラセンタに血行促進作用があるからです。
プラセンタの安全性は?
メビウスで扱う商品では、化粧品、健康食品の原料としてブタ由来プラセンタエキスが使用されています。
◎厳選した農場からだけ集めています。
  • 食肉用ブタを飼育するのに十分な衛生管理体制を持っている農場のもののみ収集しています。特に防疫体制や複数の獣医師による管理がなされていることを確認しています。
  • と畜証明書を入手。重大な疾病にかかったブタが同一農場にいないことを確認しています。
  • 連邦行政規則に基づく獣医師の検査により、重大な疾病に感染していないものを収集したことを確認し無病証明書を入手しています。
  • 正規の輸出入手続きに必要な、輸出される際に発行されるアメリカの輸出証明書と日本の輸入検疫証明書を併せて入手し、検疫上問題のないことを確認しています。
◎ブタに狂牛病は感染しません。
国連のWHO(世界保健機関)とFAO(食糧農業機関)並びにOIE(国際獣疫事務局)の技術協議の結果、経口での感染は否定されています。
◎エキス化工程で加熱処理、ろ過処理を行っています。
細菌やウイルスなどの感染源は、工程中での加熱処理(60〜63℃で約6時間)とろ過処理(0.2umのフィルター)で不活化並びに除去の対応をとっています。ヒアルロンエキスも同様です。
プラセンタにはどのような美容効果があるの?
プラセンタには栄養成分であるアミノ酸や、皮膚の弾力やみずみずしさを保つ成分であるコラーゲン、ヒアルロン酸、そして皮膚細胞を若返らせて細胞増殖を促進させるグロースファクターなどが含まれています。
これらの有効成分が効率的にお肌に浸透することで、保水力と新陳代謝の活性化、シミ・ソバカスの原因となるメラニンの排除が効果的に行われ、潤いとハリ、そして美白効果を生みだすのです。
プラセンタは健康にもいいって本当?
プラセンタの最大の特徴として「自然治癒力」の増大があります。豊富な栄養成分と薬理作用により、細胞を活性化させ、栄養をどんどん吸収することができ、血管を強く、神経を正常に、ホルモン、免疫機能を改善し、体内に入った外敵を排除して健康を守っています。その他にも、炎症を抑え、壊れた組織の修復を促進し、毛細血管の血液循環をよくする働きがあり、体の不調を慢性化させない自然薬として注目をあつめています。また、注射薬は、肝炎と更年期障害の保険適用薬として厚生労働省から認可されています。
プラセンタの効果はどれも同じ?
プラセンタに対する評価は、年々高くなっており化粧品や健康食品として数多く商品化されています。しかし中には、濃度が薄いものや、分解方法によっては有効成分が少ないものもあり、その効果は商品によって差があるのが現状です。成分表示の明記や使用用途がはっきりしている商品を選ぶのが得策といえるでしょう。

高濃度プラセンタ

プラセンタ カプセル MD

400mg x 120カプセル¥14,000(税抜)[税込 15,120円]

肝臓が弱っている方、更年期障害やアレルギーでお悩みの方をはじめ、注射が苦手な方、近くにプラセンタ療法を行っているとことがないという方にもおススメしたいのがプラセンタ カプセル MD。
健康的なお肌づくりのためには体の外側からだけではなく、内側からのサポートをしっかり行いましょう。

従来のプラセンタエキスのサプリメントが賦形剤(つなぎ)を多く用いているのに対して、顆粒用プラセンタ原末を使用し、つなぎを極力抑えています。
1日4~6カプセルが目安です。

  • ※1日の目安 2400mg(6カプセル)
  • 原材料名●プラセンタエキス(ブタ由来)

Shiny Placenta(シャイニープラセンタ)

ダイエットに!美容効果!
サラブレット馬プラセンタ
有効成分100%使用

30粒×345mg
(1粒内容量280mg)
¥8,800(税抜)[税込 9,504円]

健康・美容の悩みの90%が活性酸素が原因って知っていますか?
プラセンタは活性酸素を除去してくれる働きがあります。

健康・美容の悩みの90%が
活性酸素が原因って知っていますか?

プラセンタは活性酸素を
除去してくれる働きがあります

プラセンタとは胎盤のことです。プラセンタは体の調整機能をベストの状態に保ち、持ち上げる力があります。免疫系、ホルモン系、脳神経系の円滑な働きで細胞賦活作用が促進され、より老化防止や美容にも驚く程効果を上げています。

プラセンタで改善が期待できる症例

赤文字はYクリニックで著効が認められたもの
青文字はYクリニックでかなり有効とされたもの

内科

頭痛、口内炎、気管支炎、喘息、胃弱、食欲不振、便秘、肝炎、肝硬変、パーキンソン病、るいそう、腎炎、糖尿病、ネフローゼ、高血圧、狭心症、貧血、十二指腸潰瘍

整形外科

肩こり、むちうち、五十肩、腰痛,ひざ痛、筋肉痛、リウマチ、関節痛

婦人科

更年期障害、生理痛、生理不順、無月経、不妊症、冷え性、子宮筋腫

皮膚科

アトピー性皮膚炎、肌荒れ、しみ、乾燥肌、脱毛症、水虫

神経科

自律神経失調症、鬱病、不眠症

泌尿器科

夜尿症、性欲低下、膀胱炎、尿道炎

眼科

アレルギー性結膜炎、眼精疲労、視力低下、縁内障、角膜炎

耳鼻科

アレルギー性鼻炎、耳鳴り、眩暈、難聴、メニエール病、嗅覚低下

歯科口腔科

歯槽膿漏、味覚低下、口内炎、舌炎

その他

手術・外傷後の治癒促進、抗がん剤、放射戦後の副作用軽減、現代医学では治しづらい病気に効く

まずは3ヶ月間トライ

ご体感には個人差がございますが、より早く喜びを実感して頂くために飲みはじめから1~2ヵ月は、1日2粒をおすすめします。

ページトップに戻る